検索
  • 税理士 中村

なぜ全国に関与クライアント様が多いのか?

更新日:2021年9月23日

 世間では、テレワークやリモート飲み会などZOOMやSkypeを利用する機会が増えましたね。


 私は2017年9月に独立しましたが、幸いにも関西以外(仙台・東京・埼玉・金沢・愛媛・福岡など)のクライアント様との数多くのご縁を頂いております。また、足元のコロナ禍により関西拠点のクライアント様でもZOOMやSkypeでお打ち合わせさせて頂くことが増えました。


 ITやクラウド会計が発達し、ZOOM・Skypeなどによりリモートで仕事ができることが多くなったため、あなたが必要としている税理士は、地理的にあなたの近くである必要は必ずしもなくなりました。


 税理士報酬はその地域の相場に影響を受けるため、東京・神奈川・千葉・埼玉は高くなる傾向にありますが、あなたの好きなエリアから税理士を探すことができます。

 また、より質の高い税理士を全国から探すことも可能です。

 

 私としては、今までの固定観念に縛られず、クライアント様の利益になるご提案を心がけております。

 全国各地のクライアント様に感謝されるよう、日々精進していきたいですね。

閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最強の節税アイテムについて解説致します。 【最強の節税アイテム】 「小規模企業共済」は最強の節税アイテムです。所得が高くなり資金に余裕のある人は、必ず入ったほうがいいと思います。 【小規模企業共済とは】 中小企業基盤整備機構が行っている小規模企業の役員や個人事業主の方を対象とした「退職金制度」です。 月々1,000円~70,000円(最大840,000円/年)かけることができ、将来「一時金」又は「

飲食代はどこまで経費になるかみなさん興味があると思います。飲食代は、接待交際費or会議費or福利厚生費に計上できる可能性があります。 まず、1名での飲食は基本的には経費に計上できません。 ただし、カフェなどで仕事を行う場合、コーヒー代は経費になります(食事代は経費として認められない可能性があります。) 【事業に関係する人との飲食】 クライアントや事業に関係する人との飲食代は「接待交際費」に計上する